腱鞘炎の改善について

手首に続く痛み、もしかしたら腱鞘炎かもしれません

腱鞘炎の症状に悩む女性

  • 家事や日常生活において痛みによるストレスを感じている
  • スマホ操作を頻繁に行うため、母指の付け根に凝りや痛みが出ている
  • 痛みやしびれを感じて、文字がうまく書けない
  • 重いものが持てない、持ちにくい
  • 医療機関や鍼灸院で施術を受けているが、あまり効果が出ていない

指の付け根や手首などに痛みを感じる腱鞘炎。症状が出たらまずは安静にして、患部に負担を掛けないことが一番です。しかし、手は日常生活でもよく動かす部位。なかなか安静にはできない部分です。

症状が軽いと、痛みをそのまま我慢して放置してしまう方もいるでしょう。とはいえ、症状が軽いからとそのままにしていると痛みが悪化するだけでなく、関節が固まって手が思うように動かせなくなってしまうことも。

ABC整体スタジオ新宿西口院では、丁寧な検査で腱鞘炎を改善に導いています。たかが腱鞘炎と考えず、当院と一緒に手首の痛みを取り除き、健康的な身体を目指しませんか。

腱鞘炎の改善には身体のゆがみを整える必要があります

ゆがみが生じている箇所を見極めて根本原因から改善

ABC整体スタジオ新宿西口院では、腱鞘炎をはじめ、腰痛や肩こりなどあらゆる身体のお悩みに対する施術を行っています。

手や指先の酷使によって起こるといわれる腱鞘炎ですが、その炎症が起きてしまうのは、患部にゆがみが生じているからです。ゆがみがない状態であれば、過度な摩擦が生じることはありません。

つまり、腱鞘炎を根本的に解消するためには、ゆがみを生み出す原因はどこにあるのか、検査で探っていくことが大切。原因を見つけ出して身体のゆがみを取り除き、腱と腱鞘の摩擦を減らしてあげることで、炎症を抑えられます。

検査によってゆがみの原因を発見したら、周囲の筋肉をやわらかくほぐし、手先などの末端にも刺激を与えて血液の循環を促進。患部の新陳代謝を活発にさせ、痛みを解消します。

腱鞘炎の原因について

同じ手や指を酷使すると症状が発生します

腱鞘炎は必ずしも手の酷使だけではなく、身体のどこかの状態が悪いことも原因になります。手の酷使をやめて安静にすることも重要ですが、身体の状態の悪さを作っている根本的な問題を解決することも、症状の再発防止のために必要不可欠なのです。

まず腱とは、骨と筋肉をつないでいる紐状の組織です。また腱鞘は、関節が動くときに周囲の組織と擦れないよう、保護する鞘状の組織のことを指します。

腱鞘炎は、手や指先を酷使したことによって、この腱と腱鞘が擦り切れたような状態になり、腫れや炎症を引き起こしている状態です。

昔は、ピアノやギターなどの演奏者や、美容師、ゴルフやテニスなどのスポーツをする人など、普段の生活で手や指をよく使う人が悩まされる疾患でした。しかし最近は、パソコンやスマートフォンを長時間使用する人が多いため、誰でも腱鞘炎になるリスクを抱えています。

腱鞘炎の中でも発症しやすいのが、手首の親指側の部分に痛みを感じる、通称『ドケルバン病』です。また、腱鞘炎が進行すると、指の曲げ伸ばしに引っ掛かりを感じる『ばね指』になってしまうこともあります。

原因が生活習慣にある場合、痛みがぶり返してしまうことも少なくありません。少しでも痛みを感じたら、症状が軽いうちに整体院で正しい施術を受け、セルフケアの方法を教えてもらうと良いでしょう。

腱鞘炎でお悩みの方は駅チカのABC整体スタジオ新宿西口院へ

つらい症状を改善して痛みに悩まない身体を取り戻しましょう

ABC整体スタジオ新宿西口院は、腱鞘炎が起きる仕組みに基づき、症状の根本的な改善、解消を目指した施術を行っています。

具体的には、まず患部に掛かる負荷を減らすため、周辺の筋肉をやわらかい状態にキープ。血流を促し、自然治癒力をサポートしながら、同時に骨盤矯正、骨格矯正を行い、全身の関節や筋肉がスムーズに動く状態へと導いていきます。

身体にゆがみがあると、無意識に筋肉が緊張し、腱と腱鞘の間にも余分な摩擦が生まれます。そのため、症状の出る場所だけでなく、全身を丁寧にチェックし調整を施すのです。

腱鞘炎に対する施術を受けたお客様の中には、手首の痛みだけでなく、首や肩の凝りもなくなった方や、頭痛が解消された方、顎のかみ合わせが良くなった方もいました。

新宿周辺に在住、在勤で、腱鞘炎に悩まれている方、ぜひ当院までご相談ください。