脊椎カリエス

脊椎(せきつい)カリエスとは

脊椎カリエスは結核菌が脊椎に感染して起こる病気で、結核性脊椎炎とも呼ばれます。

脊椎カリエスになると、背中から腰にかけて強い痛みが起こりますが、これは結核菌が椎間板を中心に骨を破壊するためです。
破壊された骨は隣り合った脊椎と癒合を起し、背骨の変形を起こして背中が折れ曲がってしまいます。

結核の予防接種が行われ、結核が減少したため、脊椎カリエスを発症する人は少なくなりました。
しかし今でも高齢者や幼児を中心に発症していて、免疫力が低い人に多く起こっています。
結核の予防接種であるBCGから子供が脊椎カリエスになってしまったというケースもあります。

治療について

治療は、まず結核薬で結核菌を無くす処置が取られます。しかしこの方法は治療期間が長期に渡るため、手術で結核の病巣を取り除く方法が取られる場合もあります。
ABC整体スタジオ(旧ここらぼ整体院)新宿南口院でも昔、脊椎カリエスにかかったことがあるという方が来院されますが、カリエスによって破壊された骨は戻りませんが、カリエスにかかって以来、腰痛が治らないという方でも症状の改善がみられています。
まずは、あきらめずにご来院ください。