新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 腰痛とストレッチの種類

腰痛とストレッチの種類

静的ストレッチ:関節を動かして目的の筋肉をゆっくりと伸ばし、適度に伸びたところでその姿勢を適当な時間保持する。時間については、20秒程度を適当とすることが多い
動的ストレッチ:関節を繰り返し動かし目的の筋肉の伸張と収縮を繰り返す。後述するバリスティックストレッチとの違いは、反動をつけず可動域いっぱいにスピードをコ ントロールして行うことである。
バリスティックストレッチ:反動をつけ弾むような動作で筋肉を伸ばす方法。いわゆる柔軟体操はこれにあたる。
PNFストレッチ:固有受容性神経促通法を取り入れたストレッチ方法である。PNFとはリハビリテーション等で用いられる手技、手法である。

ダイナミックストレッチ:相反性神経支配を利用したストレッチングで、伸ばそうとする筋肉の拮抗筋を繰り返し収縮させ、最後に静的にホールドする。筋肉の弾力性を高める積極的な柔軟性トレーニングとしての効果が大きく期待されるが、その一方で不適切な方法では伸張反射を引き起こしやすいと言う問題点も確認 されている。

ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る