新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 腰痛と正しい姿勢、悪い姿勢の関係性

腰痛と正しい姿勢、悪い姿勢の関係性

立った状態で姿勢が悪いと腰痛になる。」その理由は・・・
たとえば猫背のように、背中が丸まった姿勢の悪い状態で立っていた場合、体の重心が後ろの方にずれてバランスを崩したりしている。体がバランスを保とうと した結果、腰椎が前にせり出るような格好になる。これは腰椎にとって非常に無理な状態で、腰の筋肉にかなりの負担がかかる。その結果腰の筋肉が疲れてしま い、腰痛を引き起こしてしまう。
次に「座った状態で姿勢が悪いと腰痛になる」その理由は・・・・
猫背のように背中を丸めた悪い姿勢で座っていると、とても楽に感じるが、実は立っている時よりさらに腰にかかる負担は大きくなっている。特に腹筋が弱って いる場合は腰への負担はさらに大きくなり、腰痛を引き起こしやすい。デスクワークなど、長時間椅子に座った状態が続く場合は、「姿勢が悪いと腰痛になり やすい」ということを絶えず頭に入れて、正しい姿勢を心がけると良い。
背骨がゆがんでいる状態は太りやすい体質となっている可能性が高く、ダイエットにつ いての悪影響もある。

ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る