新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 腰痛と腹部大動脈瘤の関係

腰痛と腹部大動脈瘤の関係

兆候:腹部に拍動性の腫瘤、腹痛
大動脈瘤は、胸部大動脈あるいは腹部大動脈の径が拡大し、こぶ状になってきたもの。多くの大動脈瘤は、徐々に径の拡大が進行するために、初めはほとんど症状がない。とくに、胸部大動脈は胸のなかにあるため胸部大動脈瘤の自覚症状は乏しく、胸部X線写真で異常な影を指摘されて、初めて気づくことがまれではな い。腹部大動脈瘤は、へそのあたりにどきどきと拍動するこぶを触れることにより発見されることが多いが、痛みを伴うことはまれなため見過ごされることもめ ずらしくはない。大きな拍動性腫瘤をおなかに触れれば、腹部大動脈瘤の可能性が高いと考えられる。大動脈瘤が怖いのは、破裂することがあるためだ。大動脈瘤が破裂すると大量に出血するため、破裂した動脈を人工血管に取り替えないかぎり助からない。破裂した場合の致死率は、かなり高い。破裂する前に動脈瘤の部分を人工血管に取り替えて、健康な生活を維持したい。破裂のしやすさは、大動脈瘤の径の大きさによる。つまり、直径が大きければ大きいほど、破裂しやす い。正常な胸部大動脈の径は2・5cmほどなので、径が拡大して正常径の2倍を超えた5~6cmになると破裂の危険性が出てくる。胸部大動脈瘤の径が 6cm を超える場合は、破裂防止のために手術治療が考えられる。一方、腹部大動脈瘤の場合は、正常な腹部大動脈の径が1・5~2・0cmほどで、その2倍の径 4cmを超えると破裂の危険性が出てくる。腹部大動脈瘤の場合は、こぶの径が5cmになれば手術が必要。

ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る