新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 腰痛と子宮筋腫の関係

腰痛と子宮筋腫の関係

兆候:下腹部の腫瘤感や膨満感や痛み、月経異常、動悸、息切れ
子宮筋腫は、主に子宮筋層内の平滑筋成分から発生し、女性ホルモンのはたらきによって発育する良性腫瘍。婦人科の腫瘍のなかでは最も多い病気で、その発生 頻度は30歳以上の女性で20~30%と推測される。さらに非常に小さな筋腫も含めると、過半数の女性 にあると考えられている。20代の女性にもみられ る。小は顕微鏡的な大きさから、大は数十cmにまで達する硬い球形のこぶができる。こぶは1個から数個できるのが普通。筋腫の90%以上は子宮体部に発生 し、残りは子宮頸部に発生する。筋腫ができる部位によって、3つのタイプがある。内側の子宮内膜に向かって発育したものを粘膜下筋腫、筋層のなかで発育し たものを筋層内筋腫、子宮の外側に向かって発育したものを漿膜下筋腫と呼ぶ。子宮筋腫ができる原因については不明な点が多いが、現在、次のような仮説が提 唱されている。未分化な子宮平滑筋細胞が、胎児期の分化の過程でいろいろな影響を受け、筋腫の芽になる細胞が子宮筋層内に発生し、思春期から増えてくる性 ステロイドホルモンに反応して 子宮筋腫に成長していく、という説。実際、初経が来る前には子宮筋腫はみられず、また閉経後には筋腫の発生はなく、すでにある筋腫も縮小する。

ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る