新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 腰痛と急性腎う炎の関係

腰痛と急性腎う炎の関係

兆候:血尿、頻尿、残尿感、排尿困難、発熱
腎盂や腎臓そのものに細菌が感染して起こる病気。先天性の尿路の形態異常のある乳幼児、既婚の女性、前立腺肥大症などによる尿通過障害のある高齢者などに起こりやすい病気。
初期治療が遅れると慢性腎盂腎炎に移行したり、敗血症を起こして生命が危険になることもある。腎盂や腎実質に感染を起こす経路としては尿路上行性感染、血行性感染、リンパ行性感染などがある。尿路上行性感染とは、膀胱炎などの感染を起こしている細菌が何らかの原因で尿管を上行して腎盂に達するもので、腎盂・尿管の形態異常、尿路結石、腎盂・ 尿管の悪性腫瘍、膀胱尿管逆流現象、神経因性膀胱、前立腺肥大症などがその原因となることがある。血行性感染は、他の臓器に感染源があり、そこから細菌が血液によって腎臓まで運ばれて感染を起こす。リンパ管を通って細菌が運ばれてくるものを、リンパ行性感染という。感染する細菌は大腸菌が多いが、その他の菌の場合も少なくない。また、1種類の細菌だけでなく、2種類以上の細菌が同時に感染している混合感染のこともある。

ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る