新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 腰痛が足に与える影響1

腰痛が足に与える影響1

「腰からお尻にかけて痛い」というのは坐骨神経痛の一般的な症状です。代表的なものとしては、長い時間座っていられない、お尻を伸ばした時に痛みが走る、朝起きた時が痛い、動き始めは痛いけど動いている分には問題ない、・・・などがあげられます。
原因としては、大きく見て2つあり、腰椎の問題で神経に痛みが出るものと、お尻にある梨状筋という筋肉が神経を圧迫していることが考えられます。これらは骨盤や背骨のゆがみから正常なバランスを保てなくなって出る症状なので、ゆがみを整えていくことをしていかなければ根本的な治療にはなりません。
こころ整体院では大きなゆがみを矯正することにより筋肉の緊張を調整します。
腰椎が問題を起こして神経を圧迫している問題に関しては、小さなゆがみを個別に解決することで症状が緩和されます。
たいていの場合、両方の要素を持ち合わせていますので、段階的に大きなゆがみと小さなゆがみを調整するとスムーズにお尻から足にかけての痛みが良くなっていきます。


ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る