新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 妊娠中の腰痛の原因

妊娠中の腰痛の原因

子宮が大きくなり体重が増えると、その重みが背骨を支える腰にかかって、腰痛の原因となる。さらに、おなかが大きくなると、体の全体の重心が前に動くが、前に倒れるのを防ぐために、自然におなかを突き出して反り身になって、バランスをとろうとする。このような不自然な姿勢でいるところに、子宮や母体全体の重みが加わり、背骨や骨盤に負担がかかって腰痛を引き起こします。
これは赤ちゃんが大きくなる事で起こる現象なので仕方ない事です。本来、このような自然に起こる現象に身体は自然と対応し腰痛などは起こりません。
しかし、骨盤のバランスが崩れている妊婦さんはこの自然現象に対応できずに腰痛になってしまうのです。
妊娠によるホルモン(リラキシン)分泌の影響で、靭帯結合組織が緩み、 妊娠前よりも仙腸関節や恥骨結合が不安定な状態になります。
産婦人科のお医者さんから、「もっと歩くように」「適度に運動するように」などの指導を受けて、運動をしすぎたり、身体に負担がかかる動作をしてしまって、ぎっくり腰になったりする例も多くあり、運動して腰痛になったと来院される妊婦さんも多くいます

ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る