新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 妊娠中の一般的治療

妊娠中の一般的治療

・一般的にはどんな治療があるか
妊婦帯やマタニティガードルで腰を支えたり、腰痛体操などで体を動かして予防する。
腰痛防止コルセットは、お腹の冷えを防止にもつながる。

寝るときの体勢を変えてみる

パパにマッサージしてもらうと、マッサージの効果だけでなく、精神的にも落ち着いたり、パパとのコミュニケーションになる

常に痛みがあったり歩けないほど痛むような場合は、整形外科の診療が必要な場合もある。

正しい姿勢で生活する。腹筋や背筋を鍛える。寝具は硬めにする。

薬の種類や服用法によっては赤ちゃんへの副作用も考えられるので、自己判断で市販薬を服用するのは避け必ず医師に相談する。
市販の貼り薬、塗り薬などは妊娠中でも使用できる。(医師の診断のもと)
関節をアイシング(冷やす)する。
さらしを巻く。お風呂で温める。水泳。ハイハイ体操。マタニティ・ヨーガ。
お産の姿勢。アロマ・マッサージ。
一般的にはこのような対策が取られます。
ただ、整体により骨盤のバランスを調整することでこれらの事をしなくても腰痛が改善し、予防できている妊婦さんが当院には大勢います。
骨盤のゆがみと腰痛が密接に関係しているからです。
妊婦さんで腰痛がある方はほぼ全員骨盤のゆがみがある事が確認されています。
私も?と思う方はぜひご相談ください。


ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る