新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 産後の腰痛

産後の腰痛

骨盤は妊娠中ホルモンの影響で緩み、そこに強い負荷が加わる。その事により、骨盤の中でも特に恥骨結合の部分に障害、「恥骨結合の分離」が出る可能性が高くなる。また、骨盤
の後方にある左右の「仙腸関節」にも大きな負担が加わる。この部分も非常に強い靱帯で支えられているが、妊娠・出産により関節が緩くなりバランスを失い、腰痛の原因となる。出産後は赤ちゃんを抱っこ、おんぶしなければならない。体重が元に戻るまでには5週間前後、体が妊娠前の状態に回復するまでは約6~8週間といわれている。体力や筋力が低下している時に、赤ちゃんを腕や腰で支える結果、姿勢がアンバランスになり腰痛や肩こり・頭痛の原因となる。特に何のケアもないまま出産を繰り返すと、この症状が重なり、筋肉や靱帯・関節に退行性の変性をもたらす。ひどい場合には、仙腸関節の骨化が起こる事もある。

池袋こころ整体院に来院される産後の患者さんの多くの場合、もともと体のバランスを崩した状態で、出産に臨んだため出産の負担が骨盤や腰部にかかり腰痛が起こる方がほとんどです。治療としてはまず、骨盤のバランスよりも身体の機能を先に戻し、機能が回復したのち骨盤の調整をすることで腰痛が改善します。ほとんどの場合、1回から数回の施術で腰痛に関しては回復される方が多いです。


ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る