新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 妊娠中の腰痛

妊娠中の腰痛

女性ホルモンの一つに「リラキシン」がある。リラキシンは卵巣ホルモンの一種で、月経前と妊娠3ヶ月~産後数日の間だけ分泌される。このリラキシンの主な働きは、関節を緩める事。出産時には赤ちゃんが狭い骨盤を通って出てくる。その出産をよりスムーズにするために、特に骨盤の「恥骨結合」部分を緩めているのがリラキシン。さらに、出産時以外でもリラキシンの分泌によって、月経前や妊娠中~産後には骨盤に限らず全身の関節を緩めてしまう可能性がある。その中でも、関節を強く支えている靱帯を緩めるといわれている。関節は靱帯と筋肉・腱などの支持組織で支えられている。そのため靱帯が緩むと、関節の動く範囲が過剰になり、筋肉・腱・関節へのストレスが大きくなる。特に妊娠はお腹が大きくなり、腰への負担が大きくなってくる。そこへリラキシンの影響で筋肉や関節に普段以上の負担が加わる。これが妊娠中の腰痛の大きな原因となる。そしてもう一つの原因は、赤ちゃんの成長にともなう体重と姿勢の変化だ。お腹が大きくなり、重心が前方に移動することによって、腰椎が前に反り、骨盤が前傾し、腰椎や骨盤・椎間板などの負担が大きくなる。これも腰痛の原因となる。


ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る