新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 生理時の腰痛の原因

生理時の腰痛の原因

ホルモン分泌:生理のときに感じる痛みには、黄体ホルモンが大きく関係している。黄体ホルモンは子宮を収縮させるプロンスタグランジンという物質を分泌させる。この物質が分泌される量が多くなると、下腹部に痛みを感じたり、腰痛を引き起こしてしまう。

メンタル面:生理前の腰痛をはじめとする様々な症状は、精神的な面にも大きく左右される。月経前緊張症候群に悩む女性は、神経が細かい性格の人が多い傾向にある。不安感や恐怖心、怒りなどの精神的な感情が傷みを誘ったり、増加させることもある。心の状態の安定を心がけ、ストレスを溜め込まないことが症 状を軽くする第一歩。

自律神経:自律神経のバランスが崩れると、ホルモンの分泌にも大きく影響する。更に、ストレスによって自律神経が乱れると、ホルモンの分泌にも異常が出る。心と自律神経は密接な関係にある。自立神経を安定させるためには、日頃からストレスを上手に発散し、自律神経を安定させてあげる必要がある。

子宮や卵巣:腰痛は、子宮や卵巣の異常によって引き起こされることもある。生理の前に、腰痛を初め、様々な症状が出て苦しい思いをする場合、一度婦人科を受診してみた方がいい。

生理時に、強い腰痛や下腹部の痛み、不快感などがあり、治療が必要なほど症状がひどい場合、月経困難症と呼ばれる。生理が数日経過したり、生理が終わるとこれらの症状もなくなる。 

思春期:思春期の女性に多く見られ、子宮や骨盤などに何も原因が見当たらないのに、腰痛をはじめとする症状がひどい場合がある。年齢を重ねると共に改善されていく。

器質性:腰痛などの痛みの原因が、子宮や骨盤、内臓などに問題があって起こり、更には子宮筋腫や子宮内膜症、子宮後屈などを引き起こし、痛みをひどくしている場合がある。思春期のケースとは違い、年齢を重ねると共に症状がひどくなっていくので、婦人科で痛みの原因となっているものの治療が必要になる。早期治療が望まれるので、おかしいと思ったら早めの受診が必要。

整体ではこういった問題の直接的に解決するのではなく自然治癒力を高めることで、今まで起こらなかった改善の仕方を引き起こします。

時には病院の先生が改善具合にびっくりし、患者さんに何をしたのかを聞くといった事が多々起こります。


ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る