新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 生理と腰痛

生理と腰痛

①月経前緊張症
月経開始の数日前から始まるもので、下腹部膨満、腰痛、吐き気、めまい、全身倦怠などの症状があらわれるが、月経の始まりと共に軽減・消失する。月経時の痛みには、黄体ホルモンが影響する。黄体ホルモンは子宮からプロンスタグランジンという子宮を収縮させる物質を分泌する。そのため、この物質の分泌が多いと、下腹部の痛みや腰痛を感じることがある。月経前緊張症の婦人には、繊細な性格の方が多いことが知られている。不安や恐怖、怒りなどの心理状態が痛みを誘発、増加させることがある。また、子宮や卵巣などの異常によって起こる反射が腰痛を引き起こす場合もある。

②月経困難症
月経時に伴う腰痛、下腹部の不快感、下腹部痛が治療を必要とするほど強い場合をいう。痙攣性の下半身痛が背中や太ももへ広がり、精神面の症状を伴うこともある。月経が終了すると、これらの症状は軽減・消失する。機能性の問題としては、子宮や骨盤、内臓自体に痛みの原因となる問題がない場合で、思春期の少女に多くみられ、加齢と共に症状が改善されていく。他の問題としては、子宮や骨盤、内臓自体に痛みの原因となる問題がある場合で、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮後屈などが引き起こされて月経を困難とさせている場合だ。加齢と共に悪化する傾向にある。治療の必要があるので、婦人科医の早期診断・早期治療を勧める。それと、月経前緊張症と同じく、月経時の痛みには、黄体ホルモンが影響している。


ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る