新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 女性と男性の腰痛の違い

女性と男性の腰痛の違い

女性は男性に比べると腰痛が起きやすい傾向にある。女性ホルモンは筋肉を発達させにくい特徴がある為、背骨を支えている背筋や腹筋が男性よりも弱い。背筋や腹筋が弱いということはそれだけ背骨の負担が大きくなる。この為、女性は男性よりも腰痛が起きやすくなる。しかも、若い女性はスタイルをよく見せようと、ウエストを締めつけたり、ハイヒールをはいて腰に負担をかけているので、よけいに腰を痛めやすい。また女性は生理痛にともなう腰痛に若い時から悩まされる。妊娠出産は体重も増えお腹が大きくなるにつれ後ろに反り気味の姿勢をとることにより妊娠後期になると半分くらいの妊婦に腰痛がみられるようになる。婦人科の病気で腰が痛くなるケースもある。閉経を迎えると、ホルモンのバランスが崩れて、骨のカルシウムが減少しはじめ、骨がもろくなる、骨粗しょう症にかかりやすい。女性の骨盤は、出産時の産道確保のため、骨盤が緩むように仙腸関節の接合面が小さく、そのため歪みが生じやすくなっている。また、強固な造りではないために、腰痛になりやすい。毎月の月経時に、ホルモンの影響で骨盤が緩むことも腰痛の要因になる。また、腰を支える腹筋や背筋などの筋肉は、男性ホルモンによってつくられるので、 女性は男性より腰痛のリスクがあるといえる。女性の一生は腰痛との戦い。妊娠・出産で骨盤が緩んだところに、重い子供を抱っこしたり中腰姿勢が多かったりする子育てで腰に負担をかけ、それから休む間もなく今度は介護、そして更年期障害が訪れる。このような女性特有のライフサイクルが、腰痛を引き起こすきっかけとなっている。

ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る