新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 変形性脊椎症による腰痛

変形性脊椎症による腰痛

・どのようなものか
変形性脊椎症は、時にはその周囲にある脊髄、神経根、馬尾を圧迫し、腰部脊柱管狭窄症といった神経症状を発現させる病態が生じる。長距離歩行時、長時間同一姿勢をとっていた時、転んだり重い物を持ったあとなどに痛むことが一般的。立ち上がった時や、歩き出した時に痛みが強まり、動いているうちに痛みが治まってくる事が多い。症状が進行すると、足の痺れ感や、知覚障害、時には強い神経痛症状を訴えるようになる。
・脊柱腰部を曲げたり、伸ばしたりするときに痛む
・朝方、とくに起床時に痛む
・動き始めにギクシャクした重苦しさを感じる
・同じ姿勢を続けていると痛くなる      
などの症状があり
逆に、
・からだが温まる、
・関節が動き出すようになる、
・軽度な運動をおこなう
などで軽減することもある

・どのようなものがあるか
椎間板の変性や椎間関節の変性、骨棘の形成、不安定性、黄色靭帯や後縦靭帯の肥厚などの腰椎症性変化を変形性脊椎症という。椎間板での変化に重点を置いた場合には椎間板症、 椎間関節での変化に重点を置いた場合には椎間関節症と呼び、椎体の後面中央にある後縦靱帯が骨に変化する後縦靱帯骨化も一種の変形性脊椎症とみなす。頸椎に生じた場合には変形性頸椎症、腰椎に生じた場合には変形性腰椎症と呼ぶ。変形性腰椎症の結果、脊髄からつながる腰椎レベルでの神経や神経根の圧迫による腰下肢痛や神経症状が出ることがあり、これを腰部脊柱管狭窄症という。

・どのような治療があるか
温熱療法などの理学療法、コルセット、消炎鎮痛薬や筋弛緩薬などの内服、外用などが治療に用いられる。変形性腰椎症では、手術をすることはない。慢性の痛みには、減量、腹筋や背筋の強化、腰や下肢のストレッチも有効。ケアとしては、日常生活の注意、腰に負担のかからない姿勢を覚えること、やせること(非常に重要)、腹筋を鍛えること。その他薬物治療や牽引、温熱療法も効果的、また腰バンドも有効である。
薬物療法では、炎症や痛みを緩和する消炎鎮痛剤や、筋肉のこわばりをとる筋弛緩剤、血行を良くするビタミン剤などを服用。リハビリでは、ホットパックやレーザーなどの温熱療法で患部を温めて血行を良くたり、牽引などの理学療法、低周波治療・マイクロ波などの物理療法や、腰椎症では腹筋や背筋の筋力強化や腰痛体操などの運動療法が効果的。痛みが強い時 は、局所麻酔薬を用いて神経ブロック療法(硬膜外ブロック、神経根ブロック)を行う。


ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る