新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 婦人科の疾患

婦人科の疾患

腰痛で悩む女性はたくさんいるが、その腰痛は女性特有の婦人科の疾患が原因の場合がある。 女性の腰痛を起す婦人科の疾患には、卵巣や子宮などの腫瘍、子宮内膜症、子宮筋腫、付属器炎など婦人科の病気は腰痛を伴うものが多い。ほかにも発熱や不正出血でも見られる。病気ではないが、 生理の始まる前や生理中に腰痛の出る人もいる。それに加え、異常なおりもの、腹痛などの症状が現れるが、月経困難という症状が一番でやすい。 月経困難とは、異常に出血量が多かったり、激しい腹痛や腰痛があったり、気分が優れなかったりする症状だが、子宮内膜症や子宮筋腫が進行するに従って、月経困難も段々とひどくなってくる。このよう疾患でなくても、月経時や月経前になると、腹痛や腰痛が起こる人もいる。このような症状が、月経が3日目を過ぎる頃か、月経が終わる頃になると自然に治まる。 しかし、症状が重い場合は何らかの疾患になっている可能性もあるので、婦人科を訪れて検査を受けてみることが大事。このような人は生理不順になることが多く、下半身を冷やすと腰痛がひどくなりやすい。

ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る