新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 腰痛原因

腰痛原因

腰痛は、約1000万人の方が悩まされている日本でも最もポピュラーな疾患です。最近では若い方からお年寄りの方まで幅広くみられるようになりました。一口に腰痛と言っても、様々で、「安静時には痛まない」、「動いている時は痛まない」、「いつもズキズキ痛む」などがあります。なぜ腰痛がおこる のか?

腰痛を起こす原因として一番多いのは姿勢の悪さや長時間同じ姿勢をしていることからくる筋肉や背骨の歪みです。また内臓の問題や精神的ストレスによるものもあります。

ここでは、姿勢の問題からくる筋肉や背骨の問題を主にあげていきたいと思います。

腰を主に支えているは背骨です。

背骨の働きが悪くなると腰のバランスが崩れます。そうすると、腰の周りの筋肉や神経などの組織に部分的なストレスがかかるようになります。これが腰痛の原因に発展していきます。

腰の骨は5個の椎骨と椎間板により形成され、上下に積木のように並んでいます。上下の椎骨がつながる部分を椎間関節といい、この関節の前から脊髄より枝分かれした神経が出ています。

筋肉や背骨の問題からくる腰痛の原因

椎骨と椎骨の間にある椎間板や椎間関節が接触して神経の興奮をおこす。

仙骨と腸骨との間にある仙腸関節の可動性の異常からくる痛み

腰の周辺の筋肉が疲労や損傷した為におこる痛み

痛みを発生する組織としては筋肉、筋膜、腱、靭帯などがあります。これらの組織には痛みを感受する神経がはりめぐられていて、組織の異常を感受した神経は興奮し痛みが発生します。また神経の根元に障害をおこし直接痛みを発生していることもあります。

いずれにしても、興奮した神経や軟部組織の異常を改善しなければ痛みはおさまりません。腰痛の治療とは、軟部組織の異常を改善し、神経の異常興奮を鎮静させることなのです。その為に種々の検査を行い腰痛の種類と原因を鑑別して症状にあった治療を行います。

椎間板に問題があるタイプの腰痛は、症状としては腰痛に加えて下肢に痛みやしびれ感、冷感、場合によっては筋萎縮が起こります。治療方法としては異常のある椎骨間を広げて、神経が当たらないようにします。

椎間関節の歪みが痛みをおこしている腰痛は、動作時の痛みが強く、寝返りをするだけでもつらいことが多いようです。この場合の治療法は椎間関節にかかる重力のバランスを整えるように歪みをとり、神経を興奮させないようにします。

仙腸関節に原因があれば、朝顔を洗うことがつらい、長時間腰を掛けていて立ち上がろうとした時に臀部に痛みが出ます。これは仙腸関節の可動性が異常になるためで、正しく噛み合っていない仙腸関節を正しい位置に戻す必要があります。


ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る