新宿 整体 こころ整骨院 新宿院 HOME > 当院の整体についてQ&A > 腰痛 > 腰痛と椅子・椅子の問題

腰痛と椅子・椅子の問題

腰痛になると特に椅子に座るのがつらい。長時間椅子に座っていると、筋肉や関節が固まり、そこから動こうとすると痛みが走る。特に腰が痛いときは、 立ち上がるときにつらいので、余計に大変だ。腰痛クッションは腰痛の方にとって気軽に試すことができる腰痛防止対策だ。クッションは、なるべく腰当てのあるもの、そして、低反発クッションのような体重が均一にかかるものが良い。大事なのは、いくら腰痛対策をしても、長時間同じ姿勢をとり続けていることは腰痛には良くないので、時々立ち上がり、腰痛体操やストレッチを行うこと。少なくても一時間に一回は立ち上がり、少し歩いたり、トイレに行ったりして、腰周りの筋肉をほぐし、さらに腰痛対策クッションや椅子を使用することで、腰痛やヘルニアになりにくい状況をつくるのが良い。
腰痛症によい椅子の条件とは、まず、体圧分散にすぐれ、安定して座ることができるシートであること。ふかふかのソファは、座ったとき安定感がなく、立ち上がりにくい。また、サイズの問題も重要。座面高さが低すぎたり、奥行きがゆったりしている椅子やソファなども腰に負担をかけ痛みを誘発し、立ち座りが困難となる。握りやすく、安定した椅子の肘掛があれば、これを利用して立ち上がることができ、腰への負担を軽減させることができる。シートそのものの体圧分散性なら、腰にかかっていた体重の一部を背中全体に分散することができるので、腰の同一部位への長時間の負荷を 軽減させることも可能だ。

しかし、結局はどんなに評判の良い椅子やクッションを使っても、対象である自分の体がゆがんでいれば正しい姿勢をとりたくてもとれないのだ。その状態でいくら質の良いものを使っても体はゆがんだままだ。まずは自分の体を治療して健康な体にしていかなければ腰痛は改善してはいかない。


ここらぼ整体院 新宿院

○住所:東京都渋谷区代々木2-5-1 羽田ビル407
○アクセス:新宿駅南口から徒歩3分

電話:050-2018-0668

FAX:03-6276-0856

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る